PEOPLE

CASE 2

キャリア社員座談会

ブライダルジュエリー業界未経験からTAKEUCHIに転職した3人のクロストーク。中途採用だからこそ見えてくる「ジュエリーコンシェルジュ」の仕事や「TAKEUCHIではたらくこと」の魅力について、本音で語ってもらいました。

(左から)芦村 明莉 / 刀称 隼人 / 小川 真穂

MEMBERS

芦村 明莉AKARI ASHIMURA

金沢・野々市店ジュエリーコンシェルジュ

2017年入社

石川県内の短大卒業後に小松空港のグランドスタッフとして3年間勤務し、TAKEUCHIへ。

刀称 隼人HAYATO TONE

金沢・野々市店店長代理・ジュエリーコンシェルジュ

2019年入社

高校卒業後、福井県内のホテルに勤務。TAKEUCHI福井店での運命的な出会いから同社へ転職。

小川 真穂MAHO OGAWA

富山インター店ブライダルマーケティングマネージャー

2017年入社

専門学校のホテル・ブライダル学科卒業。富山県内にて貸衣裳のアドバイザー、ウエディングプランナーとして勤務後、TAKEUCHIに転職。

プロとして、人として、自分を磨き続けたい。そんな3人が選んだ道。

プロとして、人として、自分を磨き続けたい。そんな3人が選んだ道。

TAKEUCHIに転職した理由を教えてください。

刀称高校卒業後、ホテルマンとして働いていた時にTAKEUCHIで時計を購入した事があったんです。その時の接客の丁寧さに感動して、その日のうちにHPからコンタクトを取りました。元々マンツーマンの接客をしたいという想いも強かったんですよ。

芦村私は接客業に憧れて空港のグランドスタッフとして働いていたのですが、自動化が進む中で「お客様とじっくり関わる仕事がしたい」と思うように。転職エージェントに相談したら偶然その人がTAKEUCHIで指輪を購入された方で「職場としてここなら間違いないですよ」と太鼓判を押されたのがきっかけでした。

小川二人とも運命的な出会いをしているね。私はウエディングプランナーとして5年間働いた後、同じブライダル業界でより視野を広げて経験を積みたいと思いTAKEUCHIへ。富山店が新店スタッフを募集中で、自分たちで試行錯誤してお店を作っていけそうな所に魅力を感じたのもあったかな。

ジュエリーのキラキラした現場は、すごく熱い人でできていた。

ジュエリーのキラキラした現場は、すごく熱い人でできていた。

実際に働いてみてどうでしたか。

刀称人と話すのが大好きだったので、ジュエリーの接客はお客様一人ひとりと時間をかけてお話できるからすごく楽しい。大切な指輪選びをお手伝いするのも責任を感じる反面、とても大きな喜びもあります。

芦村私の場合、前職はきっちりマニュアル通りにミスなくこなすことが最重要だったけど、今は商品の魅力をどうやって自分の言葉にしてお客様に伝えるかが大切。接客する人間の魅力がより大事になってくると感じてる。

小川人が重要というのは、本当にそう。TAKEUCHIは特に熱量のある会社。トップが熱い人なので伝染する。以前もプランナーとして熱い想いを持っていたけれど、ここに入ってさらに大きくなった。扱う商品もブライダルだけでなくアニバーサリーもあるなどお客様の層が広い。それに対応するために接客スキルも磨かれていくよね。

早く成長したくて、もがいた日々。それが今の自分になっている。

早く成長したくて、もがいた日々。それが今の自分になっている。

壁にぶつかったことは。

刀称新人が参加する年一回のロールプレイング大会が大変でした。チーム別に接客の台本を覚えて競うのですが、団体戦なので仲間に苦言を言わなきゃいけない時がある。僕はこう見えて人に心を開くのに時間がかかるタイプなので苦労しました。店舗の先輩たちが応援してくれたから乗り越えられました。

小川あの時は本当に叱咤激励させてもらったよね(笑)。その人に期待するからこそ、周りの指導も熱くなるんです。ロープレに限らず、成長過程でより苦労した人の方が中身のある人間になるし、上に立つ時に尊敬される人になれると思うから。

芦村小川さんは熱くて優しい方ですよ。私は逆に自分の言葉に熱量や感情を乗せて伝えるのが苦手なタイプ。お客様にお品の魅力を感じてもらうのに苦労しました。最近は、悩む前にとにかくお客様のために動こう、何かできる事を探そうと心がけてる。するとだんだん言葉にも熱が込められるようになってきて、お客様に感謝される事も増えました。この仕事は奥が深い。どこまでも突き詰められるから難しくて面白いですね。

小川芦村さんは、本当に頑張り屋さんだよね…。もうひとつ、お客様は1組1組違うので、その方に合わせて自分の接客も変えることも大切だよね。以前は形のないものを作る仕事だったけど、今は形のあるものをご提案するのでブランドの勉強など学びに終わりはない。私も周りに相談できず黙々やるタイプだったけど、それじゃダメだよと上司に教わった。今では自分を周りに開示して、助けて欲しい時は「助けて」とちゃんと言えるようになったよ。

悩みも含めて、とことん自分と向き合ってくれる。そんな会社ってそうない。

悩みも含めて、とことん自分と向き合ってくれる。そんな会社ってそうない。

会社の好きなところは。

小川ジュエリーコンシェルジュの仕事が、現場の接客に終わらないところ。集客や広告、マーケティングから、WEB記事を書いたりと多岐に渡るのでやりがいがある。スタッフ教育、人事など普通なら分業される部分もTAKEUCHIでは携われるので、自然といろんなスキルが身に付けられるよね。

芦村私は、綺麗な空間で綺麗な制服を着て美しいものに囲まれて仕事できるところもシンプルに気に入っています。これって実は特別なこと。職場という一日の中で一番長く過ごす所がこんな非日常な空間なら、気持ちも上がる(笑)。

刀称僕はやっぱり社長と社員の距離が近いところかな。仕事の悩みも普通のプライベートの話もお話しできる会社ってそんなにないですよね。社長の言葉には言霊を感じるので、会社のために頑張ろうという気持ちになれる。

小川そうそう、スタッフ間の仲が良いよね。素直で感情豊かな人が多い。素直だとやっぱり成長が違う。そして頑張っている社員に悩みや弱音も含めてちゃんと向き合ってくれる環境がある。

仕事で本気で悔しがったり、泣いたりする。そんな自分がうれしい。

仕事で本気で悔しがったり、泣いたりできる。そんな自分がうれしい。

TAKEUCHIに来て一番得たものは。

刀称前職は僕自身、自分の持ち場が完璧なら良いという節があったけれど、TAKEUCHIに来て「周りの役に立ちたい!」と思えるようになりました。お客様でもスタッフでも、その人が何を今求めているか、できることは何かを考えています。

小川それってどんな仕事でも通じるすごく大事な部分だと思う。私は、自分事として会社の未来を考えられるようなったこと。キャリア採用だから言われたことをやるだけじゃ駄目。受け身だとAIにいつか圧されてしまう。TAKEUCHIの社員は一人ひとりの志が高く、社員だけどどこか経営者目線で会社の未来を考えて動ける人ばかりだから刺激になる。

芦村私は反対にどんどん現場が好きになっていて、接客の面白さに夢中です。お客様のために動く事がこんなにも自分を満たし、ハッピーにするなんて知らなかった。あと、仲間と一緒に笑ったり、怒ったり、泣いたり、すごく人間らしくなった気がする(笑)。仕事でまさか自分が泣くとは思わなかったです。

小川仕事と本気で向き合うと、上手くいかない時に子供みたいに悔しかったり歯痒い気持ちになったりするよね(笑)。でもそれって真剣に生きているってことだから、素敵だと思う。

刀称 & 小川 & 芦村これからも自分らしく、会社のために、そして自分のために進んでいきたいですね。

OTHER CROSS TALK

CASE1

若手社員

CASE2

キャリア社員

CASE3

男性社員

CASE4

ママ社員

PEOPLE
INTERVIEW

宝泉 紗耶香

フェアモール福井エルパ店

チーフマネージャー

2014年入社

山本 浩由

福井・開発本店

マーケティングディレクター

2014年入社

渡邊 杏奈

福井・開発本店

ジュエリーコンシェルジュ

2018年入社